グリーンルイボスは、ルイボスティーと同じ原料から作られます。
違うのは製造過程で発酵させるか否か。
通常のルイボスティーは茶葉をじっくり8〜24時間かけて発酵、生産されます。

この発酵という過程を踏んだ際にルイボスティー特有の香りが完成されていくのですが、グリーンルイボスティーは発酵を行わず、急速で乾燥させて生産していきます。

発酵することなく低温で乾燥させるために茶葉が更に酸化しにくくなり、通常のルイボスティーとはまた違った味わいや香りが楽しめます。

グリーンルイボスの特徴として、発酵させていない事によりフラボノイド量が多く得られるという事があります。
その量はルイボスティーのおよそ10倍。

更に、アスパラチンはなんと、ルイボスティーの40倍から50倍と言われています。

8 件中 1-8 件表示 


8 件中 1-8 件表示